ベーシックインカムは《闇》なのか?光と闇両方の立場から考えてみる。

(スポンサーリンク)

目次

GESARAとかベーシックインカムは《闇》なのか…?

このブログでもこれからGESARA/NESARAでベーシックインカムが始まって、《黄金時代》を迎えるよ、とお話してきました。

▶GESARA/NESARAはこちらの記事で詳しく解説しています。

待ちに待った黄金時代だぁー!!

ただその一方、こんな意見もあります。

おいおい、ベーシックインカムって闇側の策略じゃねーのか?

今回はベーシックインカムについて両方の視点から考察していきます。

ベーシックインカムが《光側》という考察

ベーシックインカムで毎月お金が配られることで、生活のために働かずに済みます。

もう一緒に自由に過ごそうニャ

またお金が配られることで精神的余裕が出るので、犯罪やいじめに支配といったネガティブなものが減少します。

(スポンサーリンク)



日常的にどこかで起こっている嫌がらせなどは「満たされないから」引き起こされているんです。

他にも《お金のために》他人をこき使ってボロ雑巾のように捨てたりということが無くなるため、ピラミッド型社会がなくなっていきます。

天ぷらの金塊!!
ぴえんちゃん

もうこれで息苦しい社会から抜け出せるよぉ、ぴえんぴえぇん

もちろんベーシックインカムが始まって最初辺りはお金を使う時代になりますが、やがてお金が空気のようにどこにでも大量に存在するようになれば、お金の《価値》がなくなります。

そこからお金がいらない社会が実現するというわけです。

▶お金がいらない社会になることは、こちらの記事で詳しく解説しています。

天使ちゃん

これで丸い社会が実現しますよ。

ただ、このような話をしてもこんな意見もあります。

そんなのただの絵空事だ!現実を見ろ!ベーシックインカムは闇の策略だ。

では、今度は闇側から見た視点で考察していきます。

ベーシックインカムが《闇側》という考察

闇側がベーシックインカムを取り入れるとしたら、このようなことになるでしょう。

ワクチンを打たないと経済的困窮から抜け出せない、依存的なシステムがベーシックインカムになる。

どういうことかと言うと、コロナで経済を破綻させます。

俺仕事クビになった…どうやって生きてばいいんだ…

そこに闇側がこのように持ちかけます。

悪魔ちゃん

おやおや可哀想なアナタ、ベーシックインカムでお金から救ってあげましょう。

ほんとですか…!

もう困窮してどうしようもない人たちは、闇側を《光側》と思い込んですっかり信じ切ってしまいます。

その光は罠だ!

でも闇側はこのように言います。

悪魔ちゃん

ワクチンを打ったら、ベーシックインカムあげるよ。ワクチンを打ったらね。大事なことなので2回言いますた。

つまりこの場合は事実上のワクチン強制となります。

コロナのワクチン、それは死の道…

このように巧みにベーシックインカムでワクチンに誘導させ、結局は人口削減計画に持っていきたいという考察もあります。

以上が闇側から見たベーシックインカムという考察でした。

(スポンサーリンク)



現状《光側》が勝っている!! どれを信じるかもあなた次第。

では2つの立場から見た考察を見た上で、今は光と闇どっちが勝っているかといえば《光側》だと思います。

すでに光が勝っているのでご安心ください。
天使ちゃん

私たち光側が勝利するのはルッキンググラスでわかってたんですよ。

なぜか、それはトランプ大統領による子供の救出が進んだこと、量子金融システムの準備が整ったこと、ロシアでGESARAを開始できたこと…などです。

私はベーシックインカムは賛成派です。

なぜなら、この世に蔓延った腐敗システムなんてぶっ壊れてほしい、そこからみんなが幸せに暮らせる世界を望んでいるからです。

あんたはそう思うけど、俺は騙されないぞ。ベーシックインカムは闇なんだって。

それでもベーシックインカムは闇側だと意見を曲げない方もいると思います。

もちろん意見は人それぞれですので、私の意見を決して押し付けたりはしません。

ただ意識が《現実》を作っているので、もしベーシックインカムが闇側だと強く思い込んでいればそちらの世界が現実化するかもしれません。

結論を言うと、どちらを信じるかはあなた次第ってことです(*´∀`*)

(スポンサーリンク)



こちらの記事も合わせてどうぞ😊

意識のブロックを外せば宇宙がずっと《味方》してくれる!!

現実世界は《潜在意識》の投影に過ぎない。

闇の真実を知ることは大事だが、ネガティブに陥るな!!

画像引用元 ▶ ぱくたそ GIFMAGAZINE AC写真

よければシェアお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる