3.11の教訓とは?二度と大きな災害を引き寄せないための方法について。

(スポンサーリンク)

目次

東日本大震災は日本に溜まっていたネガティブが引き寄せた?

今日、2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年が経ちました。

当時凄まじい勢いで津波で街が飲み込まれ、多くの犠牲者が出たことのを見て胸が痛みました。

あれは10年が経ち、東日本大震災が実は闇の支配者によって引き起こされた人工地震であったことが判明しています。

しかし今回は当時の地震の真相を解説するのではなく、もっと高次元視点からお話していきます。

当時、《地の時代》による過剰な資本主義により多くの人が奴隷として働かされ、そのネガティブエネルギーが限界まで溜まっていました。

特に戦後、日本人の強さを恐れたGHQによって徹底的に自虐史観などを植え付けられ、ある意味集合意識レベルで《被害者意識》を持つようになりました。

俺は言い訳の達人です。

政府が悪い、親が悪い、先生が悪い、上司が悪い…などなど

このようなネガティブな想念が溜まりすぎた結果、地震や津波という大災害を引き寄せたのではとも見れます。

《加害者》と《被害者》は同じ周波数で引き合う、つまり闇の支配者による人工地震もそれで引き寄せたかもです。

人生においても《嫌なこと》が起きることはありますが、それは決して嫌がらせではなく「今すぐ修正して!」という宇宙からの愛のメッセージなんです。

(スポンサーリンク)



《集合意識》として視た場合、バブル崩壊や阪神淡路大震災など何度も宇宙からのメッセージを受けたにも関わらず「聞かない、見ない」と無視して突き進んだ結果、「もういい加減に目覚めなさい!」とデカい警告として3.11が起こったのかもですね。

ここから考えると、これから起こる災害をなくしていく方法が見えてきます。

加害者意識・被害者意識を抜けて内面を見つめていこう(*^^*)

早速見出しのタイトルからこんな疑問が出てくると思います。

内面を見つめても外で起こる災害は防げないでしょ!😩

たしかに、外で起こることは自分と関係なく動いているようの見えます。

しかし現実世界というものは面白く、自分の潜在意識が見せている世界に過ぎません。

現実世界は映画のスクリーンに過ぎないんだ。

なので逆に考えると内面を高い波動に保てればずっと《無敵状態》になって、災難や災害を避けることができるようになります。

いやいや無敵状態になれとか次元高すぎて何言ってるかわからない😡

無敵状態といっても、一朝一夕でなれるわけではありません。

高い波動を保つためには、《善か悪か》《光か悪か》《加害者か被害者か》などの二元論を卒業する必要があります。

特に世の中の理不尽や自分に起こる嫌なことに対しても《外に映る情景》でなく、しっかりと《内面》を見ていきましょう。

その中で重要なのが《悪を抱き参らせ許す》ということです。

たとえばこれまでいじめられていたけど、いじめっ子のおかげで自分の負の側面に気づくことができた、ありがとう…。

他にもあのとき財布を盗まれたけど、おかげでお金を大切にする重要性に気づけた、ありがとう…。

というように悪を抱き参らせることで、自分の中の《被害者意識》が消えていきます。

イノセント・ピュアな赤ちゃんが先生です(´∀`)

これをマクロ視点で見た場合、日本や世界の多くの人が《悪を抱き参らせて許す》ことで被害者意識がなくなり、災害も引き寄せられなくなるってことです。

しかし、悪を抱き参らせることにこんな疑問も出てくると思います。

ハァ!?だったら子供をアドレノクロムのために虐待したDSやカバールも許せって言うのか!?テメェ、自分の子供が目の前で食われて許せるんか?ざけんじゃねぇよ🤬

この場合は本当に許せません、私でも燃え上がる怒りが湧いてきます。

(スポンサーリンク)



ここで大事なのは、怒りだって必要ってことです。

今まで消費したアドレノクロムの数を覚えているのか?

怒り、つまり許せない!って感情を持つのは至って普通のことなんです。

だったらさっきの《悪を抱き参らす》と矛盾してんじゃねーか!🥵

たしかにこれは矛盾しているかもしれません。

しかし自分がどうしても「許せない!」って思うときはこうすればいいのです。

悪を許せない自分を許します。

そう、悪を許せない自分そのものを抱き参らせるってことです。

私だって人間で完璧ではないし、許せないことだってあります。

でもいいじゃないでか、不完全でも。

不完全でもいい、完璧じゃなくてもいい、だからそのすべてを愛するってことです。

このように自分のすべてを許す、こうすることで《二元論》を卒業し《ワンネス》に至ることができます。

てんしさんもあくまさんもみんなうちゅうだよ(´∀`)

磁石で極端に+極になれば−極を引き寄せる、でも両方がバランスよく存在することでとてつもないパワーを発揮できます。ワンネスというのはこんなイメージです。

《ワンネス》でいて高波動を保つことで、マリオのスーパースターを取ったように無敵状態になるわけです。

するとタイミングよく物事が運び、どんな災難も避ける現実を実現できます。

(スポンサーリンク)



またその中でもちょっとした災難が起きるときはあります。

そんなときはこんな捉え方をしましょう。

宇宙さん、大事なことを教えてくれてありがとう。

するとその災難は笑顔でいい結果を残してくれます。

このような高波動に至ることで、《黄金時代》を精一杯満喫することが可能になります。

黄金時代サイコー!!

▶26000年ぶりの《黄金時代》はこちらで解説しています。

高次元世界は《思考が瞬時に具現化する》世界です。ワンネスに至るのは、思考の運転技術を身につけるのと同じなんです。

もし3次元の意識のまま高次元世界に飛ばされると、自分のネガティブ意識があっという間に具現化して苦しむことになります。

今の地球はその世界に向かっているので、まだ3次元世界に居たい人にとってそれは苦なんです。

だから3次元に残るための《ワクチン》というものがあるし、それも《自由意思》ということです。

▶二極化・多極化が高次元への回帰現象であることについては、こちらの記事で解説しています。

トランプ大統領はこのように人類全体の《自由意思》を誰よりも尊重しているということです。

どちみちこれから5次元に行く人も3次元に行く人も、長い目を見ればみんな次元上昇するんです。

(スポンサーリンク)



よければシェアお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる